車は日本車に限ります

21歳で普通免許を取ってから52歳の現在まで様々な車種の車を運転して来ました。
もともと運転が好きで、車も拘りがある方なのでなんでも良いと言う訳ではありませんでした。
しかし免許取立ての時は、まず車になれる事が先決だったのと私の時代は教習所の車もギアチェンジでしたので、車種を選べるほどの運転技術はなかったので一番初めに運転した車はダイハツのミラでした。
ただ自分はギアチェンジの車は得意でなかったので次購入した車はオートマ車でした。
その頃スキーが趣味だったので三菱のパジェロのショートを購入して1年余りで同じパジェロのロングに買い替えました。この車は4輪駆動なのですが4駆にギアチェンジする作業が面倒で私自身4駆にできませんでした。
今はボタン操作一つなので簡単ですが、あの時代は何故あんなに操作が難しく出来ていたのか謎です。
パジェロの後は、ハイラックスサーフやクラウンのステーションワゴン、ベンツのステーションワゴン、ゴルフと様々な車に乗って来ました。
どの車種もそれなりに乗り心地は良かったのですが、一つ言える事は日本車が一番性能が良いと言うことです。
外国車は故障すると中々修理が大変なのと、部品が海外製なので時間がかかるという難点がありました。あと何故か日本車に比べて良く壊れると言うイメージもあります。
実際に良く壊れました。それも突然エンジンが停止すると言う考えられない故障だったので怖かったです。
それに比べて日本車は壊れません。特にトヨタ車はいつまででも乗れるのではないかと思うくらい性能が良いと思います。
現在は今年購入したヴォクシーに乗っています。もちろんトヨタ製です。
多分この先もトヨタ車を購入すると思います。