フランス車にはまっています。

私もともと車の運転があまり好きではありませんでしたが、若いころは地方に住んでいたので好き嫌いに関わらず車の運転は必須でいやいやながら運転していたわけなのです。その後20年ほど東京と海外に住んでいたため全く車を運転する機会がなく過ごしておりました。しかし3年ほど前地方に住むことになりいよいよ嫌な運転を始めなければならでもない事態になり、それならせめて好きな車でも運転したら楽しく運転できるかと思い無謀にもあこがれのルノーカングーを購入しました。以前は特に思いれもなく親からあてがわれた車(いわゆる国産の普通車)を運転していたのですが、全く楽しくなかったのです。で、運転が楽しいという人の気分が全く分からなかったのですが、このカングーにのってはじめて運転が楽しいって思ってしまったんです。何が素晴らしいって運転席からの視界が素晴らしく開けていて運転しやすいんです。おまけに急勾配の坂で効くエンジンブレーキときたら・・・素晴らしいんです。もちろん外国車らしく、ブレーキアクセルはとても重いんですが、これがまたなれると非常に安定感があっていいんです。あとこれはよく言われていることですがフランス車の特徴で座席シートが非常に居心地いいのです。どんな椅子より体にフィットします。もう絶対に日本車にはありえない座りごごちなのです。長距離ドライブなんて興味のなかった私が2時間運転続けても全く疲れないんです。ルノーカングーは車高が高いんです。でも安定しています。高速上で強風でも安定してぶれずに走ることができるんです。石畳を走ることに適して作られているだけあってすごく衝撃を吸収してくれます。カングーはフランスの郵便屋さんがアルプスまで郵便配達するのにもつかわれるといわれるほど、山道に強いんです。カーブでもぶれないんですよ。でも一つだけ残念なところと言えばガソリンがかかることかな。でもそれがあっても何もかもパーフェクトな車です。車の運転嫌いは車のせいだったのかも???